[2010年08月12日]

いとけなき踊を父の裾がくれ

皆吉爽雨(1902~83)

踊(おどり)が秋の季語。盆踊、盆踊歌、音頭取、踊場、踊子、踊手、踊浴衣など多くの同意の季語があります。
俳句で踊と言えば盆踊です。
今日から徳島阿波踊りが15日まで続きます。日本の代表的な踊りですね。盆踊りは、空也、一遍の念仏踊りから出たと言われています。盆に戻ってくる先祖の霊を供養し、あの世に送り返すために行われてきました。街角や広場にやぐらを組んで、その周りを老若男女が踊ります。
この句は、父の浴衣の裾に隠れて踊っている幼女の恥ずかしそうな姿を映し出してくれます。
作者みなよし・そううの紹介は、2005年4月30日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・25年前の今日、日航ジャンボ機墜落、520人の霊安かれと合掌。台風4号の影響で強風です。

投稿者 m-staff : 2010年08月12日 10:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3301