[2010年08月15日]

夫婦老い泪見せ合ふ終戦日

殿村菟絲子(1909~2000)

終戦日が秋の季語。終戦記念日、敗戦日、終戦の日、敗戦の日なども同意の季語です。
このところ明治時代以降の現代史を読んでいます。先日も半藤一利著「真珠湾の日」を読みました。ルーズベルト大統領陰謀説は日本人の多くが好んできましたが、様々の関連する事象からそれは間違いと論破しています。戦後65年も経つと新たに歴史の真実が次々と明らかになっています。フランスの哲学者アランは「戦争の真の原因は国民的熱狂にある」といっています。
作者は、終戦のときは36歳。喜びと悲しみとを「泪見せ合ふ」と表現しています。
同じ作者に次の句があります。
加州罌粟撒く敗戦の日の近し   菟絲子
作者とのむら・としこの紹介は、2005年6月6日を参照。
(出典:角川書店編「合本俳句歳時記第三版」、2003年刊)
・今日は、大日本帝国の命日です。朝からつくつくしが鳴いています。
本日は国の命日つくつくし   風伯

投稿者 m-staff : 2010年08月15日 09:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3304