[2010年10月01日]

夕月のかかりて高き紫苑かな

宮下翠舟

紫苑が秋の季語。しおにも同意の季語です。
今日から10月ですね。紫苑は台風シーズンになると目に付きます。紫苑は、根が張っていて強い風雨に倒されることはほとんどありません。特に、台風が過ぎたあとに晴れやかに立っている姿は清清しいものがありますね。
キク科の多年草。古名は「しおに」といい、平安時代から栽培されています。庭に植えて観賞しますが、草丈は、2メートルを越します。淡い紫色の花がほかの花に抜きん出ている
様子は爽やかです。10月の花の第一としておきましょう。
この句は、紫苑に夕月がかかっていて美しい光景ですね。
作者みやした・すいしゅうの紹介は、2006年10月8日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
・北朝鮮は中国の属国、日本と韓国は米国の属国と世界は見ています。良い解決方法は無いものでしょうか。

投稿者 m-staff : 2010年10月01日 10:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3355