[2010年10月11日]

心に響くことば(第2回)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。      
第2回は生活編。

「家は洩らぬほど、食事は飢えぬほどにて足ることなり。」
千利休(1522~91)

「自分で薪を割れ、二重に温まる。」
フォード(1863~1947)

「利欲にはしれる浮き世の人のあさましく、厭わしく、これ故にかく狂えるかと見れば、金銀は殆ど塵芥の様にぞ覚えし。」
樋口一葉(1872~96)

「仕事を追え、仕事に追われるな。」
フランクリン(1706~90)

「この世界には、人間の頭数と同様に、仕事はたくさんあるはずである。」
野口英世(1876~1928)

「自ら労して自ら食うは、人生独立の本源なり。」
福沢諭吉(1835~1901)

「現代の最上の不幸は、熟練の喪失ということであります。自分の職業に対する信念の喪失といってもいい。」
亀井勝一郎(1907~66)

「人間には二通りある。一つは仕事にありつけないとへこたれてしまう人間、もう一つは、たとえ仕事がなくても、必ず自分に何かやれる仕事があると信じている人間、この二通りが人間である。」
ディズニー(1901~66)

「現実に触れよとは切実な経験をせよということである。」
安倍能成(1883~1966)

「人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。」
タキトゥス(55~120)

「上に交わりてへつらわず、下に交わりて驕らず。」
法言(中国の思想書)

投稿者 m-staff : 2010年10月11日 17:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3368