[2010年10月23日]

石段のはじめは地べた秋祭

三橋敏雄(1920~2001)

秋祭が秋の季語。村祭、在祭、里祭、浦祭なども同意の季語です。
秋は、農村の収穫の祭があちこちで行われます。しかし、今年は夏の異常気象で収穫もままならぬようですね。
春祭りは豊作祈願、夏祭りは先祖供養、秋祭りは収穫への感謝の気持ちが主題になります。
この句のように神社などの見上げるような石段は、確かに地べたから始まります。普通は気がつかないこともこうやって表現されればなるほどとうなずけますね。
今日は霜降です。24節気のひとつ。
作者みつはし・としおの紹介は、2005年1月21日を参照。
(出典:石 寒太編「よくわかる俳句歳時記」ナツメ社、、2010年刊)
・横浜ベイスターズの買手がなかなか決まらず揺れています。
毎年最下位のチームを誰が立て直すのでしょうか。

投稿者 m-staff : 2010年10月23日 09:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3380