[2010年11月09日]

初冬のこころに保つ色や何

原 コウ子(1896~1988)

初冬(はつふゆ)が冬の季語。初冬(しょとう)、上冬、孟冬も同意の季語です。
冬はじめは、初冬、仲冬、晩冬に分けられたはじめの30日のこと。このころは、人に会ったときの挨拶が「寒くなりましたね。」となります。冬季のはじめの色は人によってさまざまで、わたしならやっぱり「灰色」でしょうか。
この句でも作者は、冬初めは、淡いしらじらとした状態と見ているようですね。
作者はら・こうこの紹介は、2005年11月5日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
・ワールドシリーズ、日本シリーズも終わり、野球は来年春までお休み。その間は、ストーブリーグで我慢しよう。

投稿者 m-staff : 2010年11月09日 10:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3399