[2010年11月19日]

セーターの男タラップ駆け下り来

深見けん二

セーターが冬の季語。カーディガンも同意の季語です。
セーターが恋しい季節になりましたね。セーターの形式はプルオーバー型とカーディガン型に分かれます。男のおしゃれの一つでしょう。
この句は、もう詠んだそのままです。飛行機か船のタラップから男の人が駆け下り来たと詠っています。それが俳句になってしまいました。セーターのスポーティーな感じが良く出ています。
「来」は「く」と読みます。俳句独特の表現の一つですね。
今日は、二の酉。今年は三の酉がありません。
作者ふかみ・けんじの紹介は、2008年1月8日を参照。
(出典:石 寒太編「よくわかる俳句歳時記」ナツメ社、、2010年刊)
・今日は横浜のインターコンチネンタルホテルで句会とパーティー。

投稿者 m-staff : 2010年11月19日 10:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3409