[2010年12月02日]

軽く病み衣ずれ添へり室の花

鍵和田秞子

室の花が冬の季語。室咲、室花も同意の季語です。
春に咲く草木の花を冬に温室やビニールハウスで早く咲かせることを言います。昔は、室内に炉火などで温めたり、土蔵などに入れて開花させましたが、いまはガラス張りの温室やビニールハウスが普及して、蒸気や電熱の装置を導入して、いろいろな草木を室咲きとして冬に開花させています。
この句は、女性的な細やかさで室の花をとらえています。衣ずれの音が聞こえてくるようです。「軽く病み」がうまい表現ですね。
作者かぎわだ・ゆうこの紹介は、2005年5月28日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・常用漢字表が29年ぶりに改定、196字が追加されて2136字になりました。「挨」と「拶」も追加され、「挨拶」になりました。

投稿者 m-staff : 2010年12月02日 10:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3423