[2011年01月01日]

日本がここに集る初詣

山口誓子(1901~94)

初詣が新年の季語。初参、初社、初御籤も同意の季語です。
皆様、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
平成23年辛卯(かのとう)、西暦2011年、皇紀2671年、明治以来144年、大正以来100年、昭和以来86年の年が明けました。
人口の8割以上の皆さんが神社仏閣へ初詣をするという国は日本だけでしょう。何がそうさせるのでしょうね。2010年の初詣のランキングは次の通りです。
1位明治神宮、2位成田山新勝寺、3位川崎大師平間寺、4位伏見稲荷大社、5位住吉大社。
この句のように、日本のすべての人が集るとでも言ってもよいような光景です。神社仏閣に200~300万人が押し寄せるそうですが、わたしはもっぱら近間で済ませます。
作者やまぐち・せいしの紹介は、2005年3月8日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
・今、朝の5時20分。淑気に満ちています。パソコンのソフトの不具合は息子が直してくれました。

投稿者 m-staff : 2011年01月01日 05:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3454