[2011年01月09日]

初場所や枡の中なる置炬燵

吉田冬葉(1892~1956)

初場所が新年の季語。一月場所、正月場所も同意の季語です。
今日は、東京両国の国技館で大相撲一月場所初日。
大相撲は、六場所制で1月が東京、3月が大阪、5月が東京、7月が名古屋、9月が東京、11月が福岡となっています。
初場所は、正月の気分も残り、華やかな印象があります。このところの不祥事続きにおさらばをして、国技らしい熱戦が望まれます。白鵬以下力士には勇ましく元気の出るような土俵を勤めてもらいたいと願います。
この句は、そのもずばり、昔の大相撲風景の名残を伝えてくれます。「桝席」に置炬燵がなくなって久しく、時間の経過が偲ばれますね。
作者よしだ・とうようの紹介は、2006年11月 5日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
・快晴ですが、強い北風が吹いています。

投稿者 m-staff : 2011年01月09日 10:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3462