[2011年02月13日]

恋歌のごとく降りゐる春の雪

茨木和生

春の雪が春の季語。春雪も同意の季語です。
11日、12日は、日本海側の雪が太平洋側まで進出して、関東地方でも春の雪が降りました。三連休ですがそれほど大きな被害はないようですね。雪が降れば交通マヒで大都会は動きがとれません。
春の雪で有名なのは2・26事件のときの大雪です。1936(昭和11)年2月26日の雪は、牡丹雪でしたね。一般に春の雪は、淡く明るく春を呼ぶとされています。2・26のときの雪は悲しい雪でした。
この句は、春の雪を「恋歌」にたとえて、明るい賑々しい事だと断じています。
作者いばらき・かずおの紹介は、2010年4月30日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
・11,12日の悪天候が嘘のように、富士山、相模湾がすっきりと見えています。

投稿者 m-staff : 2011年02月13日 10:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3501