[2011年02月14日]

大いなる義理とて愛のチョコレート

堀口星眠

季語は愛のチョコレート、春の季語。バレンタインの日、バレンタインデー。
今日はバレンタインの日。本来はカトリックの聖者殉教の祝日でしたが、アメリカからの習慣が日本に入ってきて、夫婦や恋人の間でハート型のチョコレートなどを贈ることが行われるようになりました。1958年からといわれています。特に、女性のほうから男性に向けて恋を打ち明けてもよい日とされています。
この句は、いわゆる「義理チョコ」をうまく表現しています。
会社勤めのころによく貰いましたが、3月14日の「ホワイトデー」でのお返しが大変でした。そういえばホワイトデーは、季語になっていませんね。
作者ほりぐち・せいみんの紹介は、2005年8月27日を参照。
(出典:石 寒太編「よくわかる俳句歳時記」ナツメ社、2010年刊)
・2月には行ってからは雨がよく降るようになりました。芽木の雨ですね。寒くても木々は成長しています。

投稿者 m-staff : 2011年02月14日 09:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3502