[2011年03月11日]

薔薇の芽に息をころしてブロンズ像

橋本美代子

薔薇の芽が春の季語。茨の芽が同意の季語です。
よそのお宅の薔薇の木の芽が少しずつ芽吹いてきました。薔薇は種類が多く、野生種と観賞用に分けられます。野生種は野茨で、高さが1ないし2メートルにもなり、見事なさわやかな芽吹きをします。
観賞用の西洋薔薇の赤みを帯びた芽や若葉はとても美しく感じられます。
この句はどこの公園でしょうね。公園内のブロンズ像が薔薇の芽吹きを息をころして覗っている様子がわかります。作者は俳人橋本多佳子の四女。
作者はしもと・みよこの紹介は、2006年7月2日を参照。
(出典:角川書店編「合本俳句歳時記第三版」、2003年刊)
・総務省の発表によると地デジの普及が94.9%。未対応は7.8%、390万所帯。我が家も2台のテレビを買い換えました。地デジの完全移行は7月24日。これからが大変です。

投稿者 m-staff : 2011年03月11日 10:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3527