[2011年03月17日]

うすぐもり都のすみれ咲きにけり

室生犀星(1889~1962)

すみれ(菫)が春の季語。
菫草、相撲取草、花菫、壺菫、菫野、三色菫、パンジーなども同意の季語です。
すみれは馴染みのある花ですね。どこにでも咲いています。菫科の植物は日本では約80種類が自生して、変種なども含めて200種類もあると言われていてポピュラーな花です。
色は濃い紫、淡紅紫色、鮮黄色、白色などさまざまです。三色菫はパンジー、遊蝶花、胡蝶花ともいい、北ヨーロッパが原産です。
万葉集にも詠われている花で春の代表的な句材のひとつです。目立ちませんが心に沁みてくるなつかしい花です。
この句の「都」はどこでしょうね。京都や鎌倉のイメージがしますね。
作者むろう・さいせいの紹介は、2005年6月20日を参照。
(出典:佐川広治著「季語の花・春」TBSブリタニカ、2001年刊)
・福島第1原発への空中からヘリによる放水開始、この後地上から散水車による放水となります。なにくそ負けるな、成功を祈ります。

投稿者 m-staff : 2011年03月17日 10:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3533