[2011年04月06日]

豆の花海にいろなき日なりけり

久保田万太郎(1889~1963)

そら豆の花が春の季語。蚕豆の花、豆の花、花豆が同意の季語です。
散歩道には、家庭菜園がたくさんあります。いくつもの種類の野菜が慎ましく小さく育てられています。
豆の花は、豆の種類の総称です。これは、蚕豆、豌豆、隠元豆、小豆、大豆、南京豆などの花の種類を区別せずに言う場合です。蝶型のとてもきれいな形をしていて明るく楽しくさせてもらいます。
この句は、豆の花の明るさに比べてこのときの海の色が暗く鬱陶しさが伝わってきます。
作者くぼた・まんたろうの紹介は、2005年1月6日を参照。
(出典:青柳志解樹編「俳句の花・上巻」創元社、2008年刊)
・福島第一原発の脆弱性は以前から指摘されていました。その責任は国と東電及び関係者にあり、追及されることになります。

投稿者 m-staff : 2011年04月06日 09:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3553