[2011年05月08日]

母の日の花を身につけ駅に入る

横山白虹(1899~1983)

母の日が夏の季語。
今日は母に感謝を捧げる日で、亡き母を偲ぶ者は白、母のいる者は赤のカーネーションを胸につける習慣があります。これは、1908(明治41)年、北米のウェブスター町のアンナさんという女性が母の追憶のために一抱えの白いカーネーションを教会の友人たちに配ったことが始まりと言われています。1914(大正3)年、ウィルソン大統領により母の日が制定されました。日本ではそれより前の1913(大正2)年には始まっています。
この句は見たままを句に仕上げていますね。今年は東日本大震災で亡くなった多くの母へ白のカーネーションが飾られることでしょう。
作者よこやま・はっこうの紹介は、2006年10月18日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・オサマ・ビンラディン容疑者の殺害は、これからさまざまな波紋を残します。オバマ大統領は決断に相当悩んだことでしょうね。

投稿者 m-staff : 2011年05月08日 09:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3587