[2011年05月12日]

新緑の天にのこれりピアノの音

目迫秩父(1917~63)

新緑が夏の季語。緑、緑さすも同意の季語です。
今が一年中で一番よい季節。緑が爽やかで目覚めるような若葉の緑を感じます。樹木が萌え立つようです。樹木によっては緑に微妙な違いがあり、明るい初夏のひかりの下、すべてが夏来るといった思いを抱かせます。
この句の「天」は「そら」と呼ぶのでしょうか。どのようなピアノの曲が演奏されているのでしょうね。私にはベートーベンのピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」あたりが聞こえてきます。
作者めさく・ちちぶの紹介は、2008年10月10日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・横須賀は昨日今日と雨が降っています。被災地にも暖かい雨が降っています。もう2ヵ月が経ちました。

投稿者 m-staff : 2011年05月12日 10:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3591