[2011年06月15日]

マーガレット山雲は野に翼垂れ

有働 亨(1920~2010)

マーガレットが夏の季語。木春菊も同意の季語です。
この花は、栽培が容易なのと清楚な感じが好まれて、家庭やいたるところで栽培されています。キク科の多年草でアフリカのカナリア諸島が原産地で明治の終わりに渡来しました。高さは60~100センチほど。5月から6月にかけて枝ごとに花をつけます。葉は春菊に似ています。白い花の真ん中に黄色の管状花をつけて愛らしく咲きます。伊豆ではマーガレットの咲く道路が通じていてドライバーの目を楽しませてくれます。
この句は、山にかかる雲がまるで翼を垂れているように見えると詠っています。情景が見えるようですね。この花には女学生のイメージがあります。
今日は、1960年の安保闘争で亡くなった樺美智子さんの51年目の忌日。私は高校3年生でした。
作者うどう・とおるの紹介は、2006年12月28日を参照。
(出典:青柳志解樹編「俳句の花・上巻」創元社、2008年刊)
・2009年から2011年3月までの家電エコポイントの経済効果は「5兆円」だそうです。我が家も地デジのテレビを2台買い換えました。

投稿者 m-staff : 2011年06月15日 09:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3626