[2011年08月30日]

白粉花の風のおちつく縄電車

河野南畦(1913~95)

白粉花(おしろいばな)が秋の季語。おしろいの花、おしろい、花白粉が同意の季語です
散歩をしていると一番元気に見えるのが白粉花です。野生化して他の花を押しのけて繁茂しています。
メキシコが原産のオシロイバナ科の多年草。花期は長く、夏から秋まで咲いています。直径3センチほどの花は紅、白、黄色などがあり、夕方から開き、朝にはしぼんでしまいます。種子をつぶすと白粉質の胚乳が出るのでこの名前があります。
子どもたちがにぎやかに縄電車をして遊んでいます。そのにぎやかさと白粉花の元気な様子がだぶって見えますね。
作者こうの・なんけいの紹介は、2005年7月21日を参照。
(出典:青柳志解樹編「俳句の花・下巻」創元社、2008年刊)
・野田首相は自然の流れ。小沢一郎はますます窮地に。鳩山元首相は引っ掻き回すだけの存在。退場したらどうでしょうか。日本のためになりません。

投稿者 m-staff : 2011年08月30日 10:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3725