[2011年09月30日]

野の花の花の名なあに夢ん中

榊原風伯

野の花が秋の季語。
秋晴れのもと、一面に美しい秋の千草の花が咲き乱れていますね。秋の色におおわれた秋の野には、様々な野花が咲いています。まるで名前の知らない野の花がおいでおいでをしているように咲き誇っていますね。
植物の名前は、数限りなくあって、とても覚えることができません。それが夢の中にも登場してきて幸せな気分になることがあります。そのときの昂揚した気分の一端が句になりました。
秋が深まれば、緑の野原から赤い、黄色い風景が押し寄せてきます。公園の桜は紅葉が終って散り始めています。冬の用意をしているようですね。
(出典:「炎環」2003年12月号より)
・イチローの苦悩の1年が終わりました。体も心もゆっくり休んでください。明日からはメジャーリーグでは、ワールドシリーズに向けての熱戦が繰り広げられます。新しいヒーローの現れるのが楽しみです。

投稿者 m-staff : 2011年09月30日 09:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3757