[2011年10月09日]

身の饐えるまで木犀の香に遊ぶ

鷹羽狩行

木犀(もくせい)が秋の季語。金木犀、銀木犀、薄黄木犀、桂の花なども同意の季語です。
近くの竹川の両岸に繁茂している金木犀は、今が満開、辺りに独特の香を漂わせています。
モクセイ科の常緑樹。中国が原産地で江戸時代に渡来しました。名前は、幹の肌の模様が犀の皮に似ているところから付けられました。甘い香を漂わせる小花をたくさんつけます。白い花をつけるのを銀木犀と呼び、橙色をしているのが金木犀です。この木は質が優れていて彫刻によく利用されています。
この句は、「身の饐(す)える」まで木犀の香がする、といささかオーバーに木犀を捉えています。確かに余りの匂いの強さにそう感じることも分かります。
今日は、寒露。今年は寒くなるのが早いようです。
作者たかは・しゅぎょうの紹介は、2005年2月1日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・アメリカンリーグはタイガース対レンジャーズ、ナショナルリーグはブルワーズ対カージナルス。一方では全米に広がりつつある失業者のデモ。それがアメリカの現実。

投稿者 m-staff : 2011年10月09日 09:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3766