[2012年02月20日]

ありありと別の世があり落椿

青柳志解樹

落椿が春の季語。椿、紅椿、白椿、藪椿、玉椿なども同意の季語です。
横須賀市西公園には、野球場の周りに見事な椿の生垣があります。
椿は、古くから海岸沿いや林に自生していて、冬から春にかけて花をつけ、名前のとおり木に春です。また長寿を保つ木とも言われています。室町から江戸時代には盛んに栽培されてその種類は600種にのぼったと言います。特徴は、花の姿のまま落ちるところにあります。
この句の椿の落ちる場所は、静謐にして心の静まる場所と言う、確かにこの世とは別の趣のあるところという印象を受けます。
作者あおやぎ・しげきの紹介は、2005年10月12日を参照。
(出典:佐川広治著「季語の花・春」TBSブリタニカ、2001年刊)
・BSテレビで巨人×阪神のオープン戦を見ました。みんな小さくまとまってはいますが、迫力が無いですね。活きの良い新人の少ないのが印象的でした。

投稿者 m-staff : 2012年02月20日 09:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3907