[2012年02月23日]

帰る雁江東版の記者とあり

久米三汀(1891~1951)

帰る雁が春の季語。帰雁(きがん)、雁の別れ、名残の雁、いまわの雁、行く雁なども同意の季語です。
雁は10月上旬にシベリア東部やカムチャッカ半島から来て、春分の頃には帰るといわれています。今日では、まがん、ひしくい、さかつらがんなどが主なものです。湿地や池、沼、海上などで暮らし、水上で眠ります。暖かくなり鳥曇の日に帰って行きます。列をなしてゆきますが、行き先を思うと何か哀れを誘いますね。また、その鳴き声が空から聞こえていっそう哀れさが増してきます。
この句の作者は小説家の久米正雄。小説家らしい句ですね。東京江東区を中心に活躍する新聞記者と一緒に雁が列を成して北へ帰る様子を見ています。読者の眼前には江東区の広々とした風景が浮んできます。
作者くめ・さんていの紹介は、2006年2月12日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・ケイタイの普及率が100%を超えたと言う報道が2月22日にありました。1人1台ではなく1人で2台以上持っている人が増えたと言うこと。何に使っているのでしょうか。遊んでいるのなら本を読みなさい、と言いたいですね。

投稿者 m-staff : 2012年02月23日 09:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3912