[2012年05月21日]

食卓の鉄砲百合は素つぽをむく

加倉井秋を(1909~88)

鉄砲百合が夏の季語。百合、山百合、白百合、鬼百合、姫百合、笹百合、鹿の子百合など多数の同意の季語があります。
百合は姿が美しいのですが、焦げたようなあの強い匂いが好きではありません。
百合科の多年草。野生種、園芸種ともに数多くの種類があり、総称して百合と呼んでいます。花期は5月から8月にかけて。古くから百合といえば山百合を指し、野性の百合を代表しています。百合は世界各地に分布していますが、日本は百合王国として有名です。
食卓に白く香りの高い鉄砲百合が活けてあります。作者はその姿が嫌いでそっぽを向いています。
今日は、金環日食、小満。
作者かくらい・あきお紹介は、2006年1月13日を参照。
(出典:石 寒太編「よくわかる俳句歳時記」ナツメ社、2010年刊)
・金環日食は雲で見られませんでした。残念。次回はもうありませんね。

投稿者 m-staff : 2012年05月21日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4008