[2012年05月23日]

桐の花いちど生まれし前後を見る

加藤郁乎(1929~2012)

桐の花が夏の季語。花桐、桐咲く、桐匂ふ、桐散るも同意の季語です。
桐は、葉の出る前の枝先に淡い紫色のかぐわしい花をたくさんつけます。高さ10メートルほどの枝先に花が咲くので、やや離れたところから花が良く見えて情緒があります。また、地上に散って落ちた花にも風情がありますね。木を切るとかえって成長が早くなると言うので「キリ」と名づけられました。材は、たんす、琴、下駄など広く利用されています。
この句は、桐のけぶったような紫の花の高雅で心に何か伝えてくる気持ちをよくつかんでいます。桐の花は生れて周りを見回してその生命の不思議さを考えているようですね。
作者は詩人、この16日に亡くなりました。合掌。
作者かとう・いくや紹介は、2005年8月14日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」講談社、1995年刊)
・素晴しい天気です。富士山がくっきり、相模湾がはっきり。昨日スカイツリーに上った皆さんは悔しがっていることでしょうね。

投稿者 m-staff : 2012年05月23日 09:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4010