[2012年06月23日]

鮮烈なるダリヤを挿せり手術以後

石田波郷(1913~69)

ダリヤが夏の季語。ダリア、天竺牡丹も同意の季語です。
夏にふさわしい生命感の強い花ですが、剪定をして秋にも咲かせていますね。秋の花を秋ダリアといいます。夏のような勢いはありませんが、色彩は鮮やかです。
キク科の多年草。原産地はメキシコ。江戸時代に渡来して天竺牡丹と呼ばれました。草の丈は1~1.5メートル。大きくて艶やかな花なので花壇に植えられ、切花にも栽培されています。
ダリヤといえばこの句というぐらいよく知られています。歳時記によっては「鮮烈なる」と「鮮烈な」の二つがあります。ここでは「鮮烈なる」を取りました。
作者は、境涯俳句の代表とも言うべき人。結核の手術を終えて生きたいと言う熱望をダリヤに託しています。
作者いしだ・はきょうの紹介は、2005年3月15日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・小沢一郎は、destroyerデストロイヤー。駆逐艦の意味もあります。新党の名前は「新政党」?

投稿者 m-staff : 2012年06月23日 10:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4041