[2012年07月04日]

天へ天へ杉は背伸ばす冷奴

鍵和田秞子

冷奴が夏の季語。冷豆腐、水豆腐も同意の季語です。
毎日、かならず豆腐を食べています。豆腐を食べないと何かものを忘れたような気分になります。
冷奴の由来は、昔、中間(奴といった)が四角の紋をつけていたところから、四角の切り方を「奴」といい、豆腐の奴切り(奴豆腐)を冷して食べるので冷奴というようになりました。
冷奴は醤油につけて食べます。薬味は人それぞれですが、生姜、紫蘇、七味など夏にふさわしい食べ物です。晩酌の麦焼酎にぴったりです。
この句は、杉が天へ大きく伸びて空に向かっている様子と日常食べている冷奴の対比が絶妙です。
今日は、アメリカの独立記念日。236年前、独立宣言が公布された日です。
作者かぎわだ・ゆうこの紹介は、2005年5月28日を参照。
(出典:高橋 治著「句の菜滋記」朝日新聞社、1995年刊)
・昨日レッドソックスの松坂の投球を見ました。身体が元に戻っていません。オールスター明け(13日)までに調整し直しですね。

投稿者 m-staff : 2012年07月04日 09:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4053