[2012年07月09日]

鳩も無聊雀も無聊梅雨長し

阿部みどり女(1886~1980)

梅雨長しが夏の季語。梅雨、走り梅雨、青梅雨、荒梅雨、梅雨空、梅天、梅雨雲、梅雨前線、長梅雨、送り梅雨、戻り梅雨など多数の同意の季語があります。
作者は札幌の生まれ、北海道は梅雨が無いので内地に住んで困ったようですね。わたしも同様に困りました。夏至を中心に前半の雨はしとしと型、後半は荒梅雨の集中豪雨型になりやすい傾向があります。地球温暖化の影響で積乱雲が発生しやすく、ゲリラ豪雨や竜巻、雷雨の天気が続いています。
この句は、鳩も雀も無聊(ぶりょう)とはいうものの一番それを感じているのは作者ですね。
作者あべ・みどりじょの紹介は、2005年6月2日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」講談社、1995年刊)
・新聞休刊日でも、ネットのニュースサイトを見れば世の中の動静がよくわかります。でも一覧性にすぐれた紙の新聞は必要です。

投稿者 m-staff : 2012年07月09日 09:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4058