[2012年07月14日]

若き日の父にもありしパリ祭

景山筍吉(1899~1979)

パリ祭が夏の季語。巴里祭も同意の季語です。
今日は、フランス革命記念日。1798年のこの日にバスティーュ牢獄を襲ってこれを破壊し、政治犯を解放したことでブルボン王朝を倒して共和制を樹立するフランス革命の先駆けになりました。この日を記念する日をフランス語で「ル・カトルズ・ジュイエ(7月14日)」と言います。ルネ=クレール監督の「巴里祭」で描かれています。この日は、バスティーュ広場を中心にフランス全土の町や広場で一晩中踊りが繰り広げられます。
日本人は昔からフランス好きの人たちが集まってシャンソンの歌に酔う夜になっています。この句もそのような作者の父を思い出すよすがとしていますね。今日は20年前に亡くなった私の父の誕生日でもあります。
作者かげやま・じゅんきちの紹介は、2007年2月13日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・今朝方、大雨・洪水警報が発令されましたが2時間後に解除になりました。ものすごい湿気です。

投稿者 m-staff : 2012年07月14日 09:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4063