[2012年08月05日]

日盛や所かへたる昼寝犬

島村 元 (1893~1923)

日盛が夏の季語。日の盛りも同意の季語です。
暑い日が続いていますね。猛暑といった感じでぐったりしている人が見られます。
日盛りは盛夏の正午から午後2時、3時ごろを言います。しんとして暑さのきわまった時刻で、空は白くぼんやりとしています。「白天」といったところでしょうか。
この句の犬は、余りの暑さに日蔭に向けてそろそろと動きます。実景でしょうね。当たり前のところに眼を向けています。共感できますね。
作者しまむら・はじめの紹介は、2009年9月4日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・4日地、田中先生の7回忌は50人ほど集り盛会でした。夜11時に帰り、5日は朝6時に起きて相模原・橋本のお墓の掃除、その後、高尾の東京霊園で先日亡くなった義兄の納骨式に参加、とにかく猛烈な暑さの中で移動を続けました。

投稿者 m-staff : 2012年08月05日 21:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4085