[2012年09月20日]

青き梨我より高き子へ与う

寺井谷子

青き梨が秋の季語。梨、有の実、水梨、洋梨も同意の季語です。
今年は、晴れた日の多い夏でしたので梨の出来も良く、先日美味しく戴きました。
梨は秋の果物の代表ですね。出荷は8月ごろから始まっています。皮が赤錆色の赤梨は、長十郎、晩三吉。緑色の青梨は、二十世紀、八雲、菊水などが知られています。数々の改良種が生れています。ほかに洋梨、シナ梨があります。
この句は、作者より背の高い男の子へでしょうか、皮をむいて食べるようにあげたという、ただそれだけのことですが、季節感が溢れていて、どことなく瑞々しさが伝わってきますね。
作者てらい・たにこの紹介は、2011年1月24日を参照。
(出典:角川書店編「合本俳句歳時記第三版」、2003年刊)
・ヤンキースのイチローは、トロント・ブルージェイスとダブルヘッダー。第1試合は3安打で勝利、第2試合も3安打、試合はまだ続いています。

投稿者 m-staff : 2012年09月20日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4133