[2012年10月08日]

運動会庭の平を天に向け

山口誓子(1901~94)

運動会が秋の季語。秋季大運動会、体育祭も同意の季語です。
今日は、体育の日で、また、24節季の温度が下がって露しげく結び
合う「寒露」です。
ベランダから見える横須賀市立富士見小学校の秋の運動会の季節と
なりました。今年の9月は運動会の予行練習があんまり暑くて熱中症
にかかる児童が多く見られました。運動会は、9月から10月にかけて
学校を始めとして、会社、企業、地域などで行われます。春にも運動
会を行うところはありますが、やはり秋が一番適しているように思われ
ます。とりわけ体育の日にあわせて行うことが多いようです。
この句は、校庭の平らな部分がまるで天に向かって広がっているかの
ように見え、天からの祝福を受けた子どもたちの歓声が聞こえてくるようですね。
作者やまぐち・せいしの紹介は、2005年1月24日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・あるパソコンが新種のウイルスに感染し、第三者の遠隔操作で無差別殺人予告。自由に何でも書き込める状態になっていたと大騒ぎ。取り締まる側のスキを衝かれました。気をつけなくては。

投稿者 m-staff : 2012年10月08日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4153