[2012年10月30日]

童子々々からたちの花が咲いたよ

北原白秋(1885~1942)

からたちの実は秋の季語。からたちの花は春の季語。
よそのお宅の庭で見つけた「からたちの実」からこの歌とこの句を思い出しました。童子(どうじ)のリフレインが素敵です。
誰もが知っている童謡「からたちの花」。
「からたちの花が咲いたよ。白い白い花が咲いたよ。
からたちのとげはいたいよ。青い青い針のとげだよ。
からたちは畑の垣根よ。いつもいつも通る道だよ」
からたち(枳殻)は、生垣用の落葉低木。とげの多いのが特徴。春になると五弁の白い花が咲きます。実は秋になると黄色く熟して芳香がありますが、食べられません。
作者きたはら・はくしゅうは、福岡県柳川市の生まれ。詩人・歌人。早大中退。与謝野夫妻に出入り、「明星」「スバル」の作品を掲載、後に短歌雑誌「多磨」を主宰。象徴的、印象的手法で新鮮な感覚の詩を発表。数多くの童謡を作りました。詩集「邪宗門」「思ひ出」、歌集「桐の花」、童謡集「トンボの眼玉」などがあります。白秋が俳句を作り始めたのは1918(大正7)年ごろからです。没後に弟子の木俣修が編集した句集「竹林清興」があります。
(出典:関森勝夫著「文人たちの句境」中公新書、1991年刊)
・ワールドシリーズは、サンフランシスコ・ジャイアンツがデトロイト・タイガースに4勝して優勝。今年のプレーオフのジャイアンツは11勝5敗。地区シリーズでシンシナティ・レッズに3勝2敗、ナショナルリーグの優勝決定戦でセントルイス・カージナルスに4勝3敗。本当に強かった。私の優勝予想はカージナルスでした。

投稿者 m-staff : 2012年10月30日 09:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4177