[2012年12月08日]

枯菊と言ひ捨てんには情あり

松本たかし(1906~56)

枯菊が冬の季語。菊枯るる、枯残る菊、凍菊(いてぎく)なども同意の季語です。
一般に、華やかだった菊が枯れてしおれて残骸をつけている様子を言います。また、お墓などの供花として菊が枯れた状態であることをも言いますね。
菊は花期が長く、花は散らずに、そのまましおれ、落葉がそのまま枯れたしおれた姿になります。
この句は、その枯菊の姿になお残っている「艶」を詠って他の句よりも際立っていますね。
吉原の遊女たちの菩提寺である南千住の「浄閑寺」にて
枯菊や身を寄せ合つて墓の列  風伯
今日は、1941(昭和16)年に、日本軍がマレー半島上陸、ハワイ真珠湾空襲、対米英宣戦布告の太平洋戦争が始まった日。
作者まつもと・たかしの紹介は、2005年4月18日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・今日は横浜で今年最後の句会です。外は強風です。

投稿者 m-staff : 2012年12月08日 08:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4226