[2013年01月02日]

年玉を孫に貰ひて驚けり  

相生垣瓜人(1898~1985)

年玉(としだま)が新年の季語。お年玉も同意の季語です。
新年の贈り物を言います。古くは様々なものを贈る贈答行事でしたが、後には餅を贈るようになった地方もあります。現在では子どもに与える金銭や物品を言うようになりました。
我が家では、孫3人にそれぞれ同額のお年玉を配ります。今年、11歳の女子、7歳と5歳の男の子から「ありがとう」の言葉が聞けます。本当に嬉しい限りです。
この句は、お孫さんからお年玉を受けて、御祖父さんが喜んでいます。このような光景は何時になったら起るのか誰もわかりません。
今日は、二日。昔から初仕事の吉日とされて、初荷、初湯、掃き初め、書初めなどがこの日の行事とされています。
作者あいおいがき・かじんの紹介は、2005年6月19日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
・恒例の箱根駅伝は大手町をスタートして芦ノ湖まで108キロメートル。5区間をたすきでつなぎます。正式名は、第89回東京箱根間往復大学駅伝競走。頑張れ。

投稿者 m-staff : 2013年01月02日 09:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4253