[2013年02月14日]

老夫婦映画へバレンタインの日

景山筍吉(1899~1979)

バレンタインの日が春の季語。
この日には、夫婦や恋人同士の愛する人が(特に女性から男性に)贈り物をする習慣があり、日本でも盛んになっています。
ローマの司教聖バレンタインは、西暦270年ごろ、ローマの皇帝によって信仰迫害のために投獄され、撲殺されて殉教死した日。言い伝えによると、毎年、この日から鳥が交わり始めると言われています。
日本はもとより世界中のチョコレート製造業者が1年のほとんどの力を結集するお祭の日。ここで売れなければ在庫の山になります。
作者は、愛妻と映画でも見に行くことにしたようですね。
作者かげやま・じゅんきちの紹介は、2007年2月13日を参照。
(出典:「新季寄せ」蝸牛社、1995年刊)
・グアム島で無差別死傷事件、結婚式を現地で挙げる予定の家族が災難。1999年にニューカレドニアで挙げた次男の結婚式を思い出しました。恐ろしい。

投稿者 m-staff : 2013年02月14日 09:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4296