[2013年03月29日]

紅梅と白梅の他無口な木

大木あまり

紅梅が春の季語。八重紅梅、薄紅梅、未開紅も同意の季語です。
ご近所の梅の木は、桜が咲き始めたことによって、白梅も紅梅も無残な形で枝にしがみついています。
この句の「無口な木」には、梅が咲いているのを横目に見ながら、しばらくすればそれを凌駕するように咲いて見せましょう、という意気が感じられますね。
紅梅は、バラ科の落葉高木。紅梅は一般に白梅よりも花期が遅いのですが、品種によっては早咲きもあります。平安時代に中国から渡来しました。紅梅には一重咲き、八重咲きがあります。花が大きく、蕾のときから赤い色をしている八重咲きの紅梅を未開紅と呼んでいます。白梅には早春の冷ややかさ、清楚な気品があり、紅梅にはあたたかさと艶やかさがありますね。
作者おおき・あまりの紹介は、2010年2月3日を参照。
(出典:多田道太郎著「おひるね歳時記」(筑摩書房、1993年刊)
・今日は、花曇。桜は満開。センバツでは小樽の北照高校が大量リード。ベスト8になりそうです。

投稿者 m-staff : 2013年03月29日 09:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4345