[2013年05月19日]

雛罌粟の日を恋ひ海を恋ふ赤さ

鷹羽狩行

雛罌粟(ひなげし)が夏の季語。虞美人草、美人草、麗春花なども同意の季語です。
最近は、アイスランドポピーの栽培が盛んで、雛罌粟は押されていますが、半野生化して道端などに咲いているは風情がありますね。
ケシ科の1、2年草。欧州が原産地で江戸時代に渡来しました。ケシのように阿片を含んでいないので、花壇や切花用に栽培されています。雛罌粟の名前はかわいい花という意味で白、紅、紫、絞りなどがあります。
雛罌粟とポピーの違いは、花の大きさにあります、以前は雛罌粟をポピーと言っていましたが、アイスランドポピーの出現で「ポピー」が定着しました。ポピーは春先から秋まで咲いています。5月ごろが見応えがあります。
この句は、雛罌粟の赤と日の色と海の色の対比が見事ですね。幻想的な美しさに彩られています。
作者たかは・しゅぎょうの紹介は、2005年2月1日を参照。
(出典:角川書店編「合本俳句歳時記第三版」、2003年刊)
・今日は、高尾の東京霊園で義兄の法事です。遠いなあ。

投稿者 m-staff : 2013年05月19日 09:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4408