[2013年05月31日]

大風にみみず三匹飛ぶ日かな

榊原風伯

みみず(蚯蚓)が夏の季語。
普通は、みみずが空を飛ぶ何ていうことはありえない話ですが、南からの大風(おおかぜ)に乗って実際に飛ぶ姿を見たことがあります。それも三匹。
我が家は、海抜33メートルのマンションの1階です。南西に向いて開かれた高台にあるので、ベランダへ時にはたいそう強い風が吹くことがあります。そのときは、地上にあるものを巻き上げて体ごと持ってゆかれそうになります。みみずも大変ですね。
みみずは、環形動物で日本には多種類存在しています。しまみみずが普通のもので体長は8から9センチ、100ほどの環節があります。丸く細長く、淡赤色、環節の背中と腹に二対の毛が生えています。雌雄同体。みみずは鳴きません。みみずは地中の不必要な物質を分解して有益肥沃な土に返る有用な動物です。もっと可愛がりましょうね。
(出典:「環」、炎環二十周年記念合同句集、「告白の海」より。2008年刊)
・サッカー日本代表は、昨晩、世界ランク下のブルガリアに完敗。6月4日にはW杯予選のオーストラリアに勝てるのでしょうか。海外組の連携プレーの如何によるでしょうね。

投稿者 m-staff : 2013年05月31日 10:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4420