[2013年10月22日]

ふるさとの山そこにあるリンゴ箱

中山善郎(1914~96)

リンゴ箱が秋の季語。林檎、紅玉、国光、デリシャス、インド林檎、林檎園などがあります。
西洋では、林檎は智恵の木の実以来、愛の果実としてイメージされてきました。林檎は本来中国産で、栽培され、食用とされてきました。しかし、明治の初めに西洋林檎が輸入されて、それに取って代わられました。北海道、東北、長野で生産され、低温にあった果実ですね。
作者は、故郷から贈り物の林檎を箱でどっさり頂いたのでしょうか。これは単なる箱ではなく、過去を思い出すきっかけになりました。少年時代に野山をかけたころの思い出に浸っている様子が彷彿とさせます。
作者なかやま・よしろうは、東京都深川の生まれ、幼いころに父を失い、母の実家の長野県で育ちました。石油関係の会社の社長・会長を歴任。俳句は戦争中に陸軍病院に入院したときにはじめ、財界人として多忙な中で作句しました。句集には「風紋」があります。
(出典:村上 護著「今朝の一句」講談社、1995年刊)
・今年の日本シリーズは、楽天と巨人。ワールドシリーズはカージナルスとレッドソックス。私の予想は、カージナルスではなくドジャースでした。カージナルスが若手投手の活躍でドジャースを粉砕。唯一の誤算でした。さて、この後の予想はどうでしょうか。投打がかみ合ったところとしかいえません。楽しみです。

投稿者 m-staff : 2013年10月22日 09:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4581