[2013年11月04日]

次の間に人のぬくみや暮の秋

山上樹実雄

暮の秋が秋の季語。暮秋も同意の季語です。
暮の秋は、秋の季節の終わりごろのことを言います。「秋の暮」は秋の日暮れのことです。この二つが混同されてきましたが、混同は「秋の暮」に関してで、季節と日の両方に使われることがありました。「暮の秋」のほうは混同されることはなく、季節について用いられてきました。秋を惜しむ、秋の名残、冬を待つ、冬隣といった気持ちを指しています。
この句は、家の中で何やら人の温もりを残した居間があると見たてていますね。それが「暮の秋」の季節感に照合しています。人が恋しくなる時間帯のようでもあります。
今日は、ユネスコ憲章記念日。教育、科学、文化を通じて国家間の協力を促進する日。
作者やまがみ・きみおの紹介は、2005年4月16日を参照。
(出典:「ラジオ深夜便 誕生日の花ときょうの一句」NHKサービスセンター、2011年刊)
・楽天が9年目にして初優勝。勝負師星野の采配が的中。佐藤投手コーチ、田代打撃コーチがよい選手を育て上げました。それに活躍したジョーンズ、マギーなどの外人選手をほめてあげたい。これで今年のプロ野球は終了。やっぱり野球は面白い。

投稿者 m-staff : 2013年11月04日 09:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4594