[2014年01月01日]

端座して何を待つべし去年今年

井沢正江

去年今年(こぞことし)が新年の季語。
明けましておめでとうございます。2014(平成26)年が始まりましたね。今年は午年、私は6回目の年男です。
このブログを始めたのが2005年1月1日。今年で10年目。自選歳時記「日めくり俳句」も多くの皆さんに支えられて3,344回目を迎えることとなりました。本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。
さて、「去年今年」は、一夜明ければ新年、昨日は去年なのに、今日はもう今年だなあ、とそのような思いを感じさせてくれる季語ですね。
端座(たんざ)は、正座のこと。改めて正座をして、去年と今年への思いを心の中で自問自答をしている、そのような作者の姿勢に打たれますね。
作者いざわ・まさえの紹介は、2008年2月19日を参照。
(出典:角川春樹著「合本俳句歳時記」、角川春樹事務所、1998年刊)
・横須賀は晴れて清々しい元旦です。31日の餅つきは成功、近年にない出来に仕上がりました。お雑煮が楽しみです。

投稿者 m-staff : 2014年01月01日 09:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4655