[2014年01月23日]

税重し寒の雨降る轍あと

古沢太穂(1913〜2000)

寒の雨が冬の季語。寒九の雨も同意の季語です。
この句の「税重し」が身に応えます。今はボディブローのようにインフレの波が押し寄せてきていますね。
寒の雨は、寒に入ってから降る雨で、寒さや冷たさがより一層強く感じられ、「冬の雨」よりはよりその厳しさが強調されます。「寒九の雨」は寒に入ってから9日目に降る雨で、その年の天候が安定して豊年の兆しと言われています。傘を持つ手に、手袋していても凍えるような冷たさが伝わってきます。
「轍(わだち)あと」だけが冴え冴えと目に染みてきます。寒天の中で様々な思いが広がってゆきますね。
作者ふるさわ・たいほの紹介は、2005年9月4日を参照。
(出典:石 寒太著「よくわかる俳句歳時記」、ナツメ社、2010年刊)
・今朝一番のニュース。楽天の田中将大投手がヤンキースと7年契約を結びました。年棒の総額は1億5,500万ドル(日本円で約161億5,000万円)。1年で約2,200万ドルというイチローも驚きの結果となりました。ヤンキースはこのところ低迷していますから活躍に注目が集まります。イチロー、黒田、田中と揃い、面白い展開になりますね。

投稿者 m-staff : 2014年01月23日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4677