[2014年06月06日]

ざぶざぶと索麺さます小桶かな

村上鬼城(1865〜1938)

索麺(そうめん)が夏の季語。冷索麺、冷麺、索麺流し、索麺冷やすも同意の季語です。
そうめんの季節になりましたね。そうめんは、索麺の音便です。冷麦は小麦粉を水で練りますが、そうめんは食塩水で練り、ごま油や菜種油でのばし、こまかく切って天日に干します。ゆでて冷やしたものが冷そうめんで、薬味にわさび、紫蘇、七味、葱などを添えて冷たいだし汁で食べます。冷やして食べるので夏の一番おいしい食べ物ですね。
この句は夏の季節感が横溢の作品ですね。小桶に入れたそうめんが生きているように感じます。
今日は、芒種。梅雨入り間近で田植えの開始時期を言います。カエルの記念日。
作者むらかみ・きじょうの紹介は、2005年2月2日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・関東甲信は、昨日から梅雨に入りました。平年より3日、昨年より5日早い梅雨入りです。今朝は2時に起きて田中将大投手の力投を見ました。相手のアスレチックス打線は勢いがあります。その中でよく粘って6回まで1点でしのぎました。9勝1敗。防御率2.02。ヤンキースのエースですね。

投稿者 m-staff : 2014年06月06日 09:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4814