[2014年07月03日]

水がめに虫の湧きたり半夏生

上村占魚(1920〜96)

半夏生(はんげしょう)が夏の季語。半夏、半夏雨も同意の季語です。
24節気72候のうちで、夏至の第3候にあたり、夏至から数えて11日目です。からすびしゃくを半夏生というのは誤りで、サトイモ科で漢名が半夏のからすびしゃくの生ずる時期ということです。
一般には田植えの終わるころで、梅雨の後期に当たり、全国各地で農事に関する風習があります。「半夏半作」と言い、田植えの終わりの目標にしたり、豊作を占ったり、麦の収穫を祭ったりします。また、半夏雨と言って、この日の雨はたくさん降ると言われています。
この句は、水がめに虫が湧いてくるという現象をとらえて、夏場の一つの現象を捉えています。確かにこの時期、虫が湧くと言うのは当たっていますね。草木も今が一番繁茂しています。
作者うえむら・せんぎょの紹介は、2006年6月27日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・ヤンキースは5連敗。今月中にトレードで大きな変化がありそうです。田中を除き投手陣がメロメロ。お名前が(現金)なキャッシュマンGMの手腕に問題があります。さて、メッツの松坂大輔投手は、往年のような速球に威力がなくなり、それにつれてコントロールが悪く四球を連発しています。残念ながら変化球に磨きをかけて、技巧派に変身しなければ明日はありませんね。

投稿者 m-staff : 2014年07月03日 08:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4843