[2014年07月17日]

パラソルを廻し胎児をよろこばす

中尾寿美子(1914〜89)

パラソルが夏の季語。日傘、ひからかさ、絵日傘、白日傘、黒日傘も同意の季語です。
パラソルはフランス語で女性の日除け用の日傘のこと。
わざわざ日傘ではなくパラソルと言っているのですから、そこはモダンで洋風な妊婦なのでしょうね。ここでは胎内に良い胎教ではなく、もっと大胆に奔放に「胎児をよろこばす」と一気に詠んでいます。胎児という言葉が飛び出してきたことにより事情は突如緊張します。
言葉と言葉のぶつかり合いで面白い詩的空間が生まれました。これが俳句の不思議なところですね。
作者なかお・すみこの紹介は、2008年1月27日を参照。
(出典:村上 護著「今朝の一句」、講談社、1995年刊)
・メジャーリーグのオールスターは、今年限りで引退を表明したヤンキースのデレク・ジーターの活躍で大いに盛り上がりました。彼は今年40歳。イチローと同じ年齢、ヤンキースの一番良い時代のスーパーヒーロー。これからもきっと野球界に貢献してくれることでしょうね。それにつけてもイチローの今後の去就が心配です。

投稿者 m-staff : 2014年07月17日 09:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4858