[2014年07月23日]

ソーダ水話の残りのあるような

下田実花(1907〜84)

ソーダ水が夏の季語。プレーン・ソーダ、クリーム・ソーダも同意の季語です。
ソーダ水は、苺、オレンジ、メロン、バニラなどのシロップで味付けをした炭酸水で、味付けしていないプレーン・ソーダは、洋酒に割り、氷を浮かせ、ハイボールなどにして飲みます。またそのプレーン・ソーダにレモンやオレンジの果汁を入れてレモンスカッシュ、オレンジ・スカッシュなどが作られます。
この句は、コップに炭酸水に泡がふつふつと浮かんでいる様子は終わりのない話のようでいつまでも相手と話したくなるような気分にさせられますね。
今日は、大暑。24節気のひとつで、1年中で一番暑いと言われている日。
作者しもだ・じつかの紹介は、2006年10月24日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・昨日のコメントの通り、梅雨が明けました。平年より1日遅れです。去年は16日も遅れてしかも暑くて困りましたね。高校野球神奈川大会は190チームから32チーム、そして16チーム、今日でベストエイトのチームが決まり、いよいよ佳境を迎えつつあります。

投稿者 m-staff : 2014年07月23日 09:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4864