[2014年08月22日]

秋茄子の畝間に雨の溜りそむ

清崎敏郎(1922〜99)

秋茄子が秋の季語。秋茄子(あきなすび)、名残茄子も同意の季語です。
今秋の野菜相場は、天候不順で全体に高値に推移しているようですね。
「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがあるように味は格別で特別な風味があります。一方で嫁に食わすなというのは秋茄子に種が無いので子ができないと言う説もあります。
この句の秋茄子は、実が小粒ですがしまっていて、皮もうすく、色は紫紺を極めます。その小粒な秋茄子と降り始めた雨の印象を「畝間(うねま)に雨溜(たま)りそむ」という細かな動きの中でとらえた句になっています。
この句は、1978(昭和53)年刊行の句集「東葛飾」に所収されています。
作者きよさき・としおの紹介は、2006年3月16日を参照。
(出典:大岡 信著「第五 折々のうた」、岩波新書、1986年刊)
・高校野球、昨日の4試合はすべて予想が的中しました。さて今日の準々決勝4試合、ここではもう実力伯仲でどこのチームが勝ってもいいですね。監督の仕事で一番難しいのは継投のタイミング。それをうまく乗り切ったところが勝ち上がります。

投稿者 m-staff : 2014年08月22日 08:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4895