[2014年10月31日]

なにもかもけむりとなりし秋の暮

榊原風伯

秋の暮が秋の季語。
今年の秋は、「YouTube(ユーチューブ)」で「クラシック音楽」を聞いています。富士通のパソコンを新しく買い替えたところ、とてもいい音がするので、もっぱら音楽を聴きながら読書をしています。
クラッシクと言えば、高校生のころはモーツアルトやベートーヴェンは勿論のこと、特に「ブラームス」が好きでよく聞いておりました。
そこで一念発起して、図書館から前から読みたかった大部の「ブラームス回想録1(ブラームスの思い出),2(ブラームスは語る),3(ブラームスと私)」(音楽之友社)を借り出し、読みながら「ユーチューブ」にのっているブラームスの曲を次から次へと聞いていると言う次第。
ブラームスは、ご承知のようにドイツの作曲家。ウィーンで活躍して、いわゆるロマン派と言われますが、古典主義にも通じており、音楽に対する構想力に優れ重厚さに魅かれます。ブラームスの良さは、思い切った嘆きの表現や音響的な美しさに加えて、表情の硬いほどの切実さ、悲嘆の深さなど数え上げればきりがありません。オペラは作りませんでしたが、4つの交響曲、協奏曲、室内楽、声楽曲などたくさんの作品を作りました。
この「ブラームス回想録」によれば、「1894(明治27)年、ブラームスは、日清戦争で日本の勝利を確信していました。日本が中国を叩き、そのあとでヨーロッパが身勝手な理由で、勝利した弱小国(日本)の利益を収奪するだろう」と予想しています。歴史はその通りになりました。
この句は、私流の「人生への諦観」を詠っています。
今日は、ハロウィンの日。
(出典:俳誌「炎環」、2009年1月号より)
・ワールドシリーズは、カンザスシティー・ロイヤルズが大健闘、しかし、サンフランシスコ・ジャイアンツが優勝。MVPは投手のバムガーナー。日本シリーズは、阪神がこけて、ソフトバンクが4勝1敗で優勝。内川外野手がMVP。これで今年の野球も終わり、ストーブリーグに入ります。イチローの行く先はどこになるのでしょうね。それが気懸りです。

投稿者 m-staff : 2014年10月31日 09:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/4967