[2014年12月31日]

消防士焚火のなかの一思案

榊原風伯

焚火が冬の季語。落葉焚、焚火跡、朝焚火、夕焚火、夜焚火なども同意の季語です。
今日は大晦日。8年前まで横浜の妙蓮寺に住んでいて、大晦日にはNHKの「紅白歌合戦」で白組か、赤組かの決着がついたのを見届けて家を飛び出し、真っ暗な中を篠原八幡神社に駆けつけました。除夜の鐘を聞きながら新年の参拝をするというのが通例でした。
ここで取り上げている「焚火」は、大晦日に神社にお参りに来ている人たちが持ってきた破魔矢やお札を燃やし、なおかつ参拝者を温めようして焚かれているものです。
その火の番をしているのが町内の消防団の消防士なのです。中でもっとも高齢の消防士の方が何やら心配げに考え込んでいるのを見かけました。何を思案しているのでしょうか。きっと行く年を振り返り、新しい年が良い年であるように願っているのでしょうね
(出典:俳誌「炎環」、2014年2月号より)
・さあ、今日で午の年も終わり、来年は未年、どうかよい年でありますように。みなさん、よいお年を。我が家は今日から長男一家、次に次男一家が押し寄せてきて賑やかになります。

投稿者 m-staff : 2014年12月31日 09:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/5032